方法を比較する

陰茎を鍛える

陰茎トレーニングとは陰茎を大きくするためのトレーニングで科学的な方法です。

陰茎は下腹部からつながっている筋肉と臀部の方からつながるPC筋という筋肉でできています。

陰茎トレーニングというのはこの上下の筋肉に働きかけて陰茎をよりいっそうギンギンにする目的のトレーニングです。

陰茎トレーニングの具体的な方法は陰茎をつかんでのばしたり腹筋をしたりスクワットしたりというものがあります。

上記のようなトレーニングを組み合わせて行うことにより、陰茎をよりいっそう大きくするだけではなく硬くしたり太くしたり、さらに勃起したときのそそり立つようなガチガチ具合を手に入れることができます。

毎日陰茎トレーニングを続けることにより、ジワジワと陰茎のパワーアップを実感できるとおもいます。

陰茎増大マッサージ

陰茎を大きくするためのマッサージというものもあります。ジェルキングという方法でジェルなどを使って陰茎を丹念にマッサージすることにより陰茎への血流量が増大して陰茎増大に導くというものです。

ジェルキングの具体的な方法としては以下のようになります。まず陰茎を蒸しタオルで温めます。次に陰茎を勃起状態にして、人差し指と親指で輪っかを作るようにしてジェルを使って根元から亀頭側に向かってスライドしていきます。

ポイントとしてはスライドするときに陰茎の根元から血液を流し込むような感じで亀頭側にスライドしていきます。

増大クリームを使う

陰茎を増大するためには増大クリームというジェルが売られています。

普通のローションとは違って陰茎への血流を改善する成分が配合されているといわれています。

増大クリームは陰茎に塗った瞬間に熱をもちはじめて陰茎が熱くなってきて、血流が増える感覚があります。

この陰茎増大クリームは先ほどの陰茎増大マッサージと同時にやることにより陰茎への血流効果を発揮してくれること間違いなしでしょう。

メンズサプリを使ってみる

メンズサプリには欠かせないシトルリンやアルギニンなどという成分が贅沢に配合されています。

シトルリンとアルギニンは普段の食生活で取り入れることが難しいので、メンズサプリなどをつかって積極的に取り入れましょう。

シトルリンとアルギニンというメンズサプリにふんだんに盛り込まれている成分を積極的に摂取することにより圧倒的充実力を得ることができるんです。

自分でビッグな男になるためには、メンズサプリを使ってみるのがおすすめです。

男の自信を大きくするには

男の自信を大きくしたいのであれば、男の自信トレーニングとメンズサプリを同時並列的に使うことにより、外部と内部から促すことができるでしょう。

ペニストレーニングの効果を劇的に引き出すためにはペニスの成長のための栄養素が体内に必要です。

メンズサプリは体の内部に取り入れるものものですが、ペニストレーニングは外部から血流を促進したりペニスを牽引したりするものです。

男の自信効果を高めるには、外部からのトレーニング内部からの刺激によって相乗的にアプローチしましょう。

ミルキングのやり方

ミルキングというのはその名の通り乳搾りのようなものであり、道具などは必要ありませ年。

ミルキングに期待できるのは、ペニスへの血流促進効果です。

いざミルキングの手順ですが、まずペニスを半分勃起した状態にします。そしたら次に、ペニスの根元から小指から親指まで波を描くように順番に握っていき、まさに乳搾りをしているような要領で握っていきます。

小指から根元から順に握っていくことにより、ペニスの先である亀頭の先端まで血流を促進することができます。

亀頭の先端まで血流を行き渡らせることにより、ペニス全体に血流を行き渡らせて、カリ高のペニスを目指すことができます。

亀頭が小さくて悩んでいる人にはこのミルキングが一番おすすめのペニストレーニングになります。

ジェルキングとは

ジェルキングというのはローションやジェルなどをつかってペニスの竿部分に圧力をかけていく方法です。

ジェルキングに期待できる効果はペニスを長くしたり、ペニスの血流を促進したりする効果があります。

ジェルキングの手順を解説すると、まずペニスを半勃起状態にしてローションを塗ります。そしたら親指と人差し指でつくった輪っかでペニスの根元からカリまで往復運動をします。

ジェルキングというのは自分の手を使った男の自信器具で言うところのポンプに当たりますね。ペニスはそもそも体の内部に埋もれている部分が大きいので、その部分を指を使って外に引き延ばす感じです。

体内に埋もれている部分のペニスをそとに引き延ばすようにするので、ペニスの太さや仮に悩んでいる人よりは長さに悩んでいる人にうってつけのトレーニング手法だといえるでしょう。

ジェルキングにもミルキングと同様に血流を促進させる効果も期待できます。

増大器具のメリット、デメリット

男性であれば人生で一度はペニスサイズを大きくしたいとか、平均と比べてどれくらいなのかと気になったことがあると思います。

自分のペニスを定規で長さを測ってみたり、銭湯や温泉などで他人のペニスと比べてしまったりということがある人は多いのではないでしょうか。

ペニスサイズに自信があれば問題ありませんが、小さかったらペニスのサイズがコンプレックスになってしまうのではないでしょうか。

そして、男の自信を大きくしたいと思っても、何をすればいいのかわからないという人がほとんどだと思います。

ペニスサイズに悩んでいる人のために、男の自信方法をまとめてどうやったら一番効率的に男の自信を目指すことができるのかを紹介していきたいと思います。

主にあげられるのがメンズサプリ、増大器具、増大手術です。

増大手術のメリットとデメリット

男の自信を大きくしたいけど、手術をしてまで増大したくないというひとはほとんどだと思いますが、実際に増大手術には、どれくらい費用がかかって、どれくらい時間がかかるものなのでしょうか。

実際に手術をした場合の時間や費用や効果について解説していきたいと思います。

増大手術の内容をおおまかにわけると、陰茎を長くする手術や太くする手術や亀頭だけを大きくするものがあります。

ペニスの靱帯を手前に引き出して長くしたり、ペニスにヒアルロン酸などを注入して太さをアップしたりという手術があります。

すべてに共通していえることは、確実にペニスの増大ができるということです。手術の内容によっては差がありますが、最低でも数センチは大きくすることができます。

増大手術自体も1時間以内で終わるものがほとんどなので、日帰りでかえることができます。

上記がメリットになります。次にデメリットですが、手術には保険が適用されませんので費用がとても高くなります。

簡単な手術であれば数万円のものもありますが、メスを入れるような手術であれば数十万円単位でかかってしまいます。

また、ダウンタイムというものもあるので、腫れがでたり痛みがでたりするので、セックスやオナニーがしばらくできないというデメリットもあります。

手術内容は医師の腕によって手術紺が残ってしまうこともあります。なので、最大のデメリットは増大手術では勃起時のサイズがあまり変わらないことです。

せっかく手術をして、痛みにも耐えたのに、勃起したサイズが変わらなかった何のために手術をしたのかわかりませんよね。

これから手術を検討しているという人は、上記のようなメリットとデメリットがあることをしっかりわかった上で手術をしましょう。

増大器具をつかった増大

器具には大別するとポンプタイプと牽引タイプの二つがあります。

ポンプタイプは勃起したペニスに取り付けて、ひっぱる圧力をかけることにより、ペニス全体の細胞を大きくすることができるという代物です。

牽引タイプの器具というのはペニスの竿部分を引っ張って増大させるというものです。

これらの器具のメリットは実際に物理的に圧力をかけることにより、ペニスの細胞を大きくするので、実感しやすいというメリットがあります。

実際にすぐに何らかの実感を得ることができれば、モチベーションが維持できると思います。

ポンプタイプのデメリットとしては短期間でペニスに付加をかけることでしょう。過度に行うとペニスの細胞が傷ついてしまったりします。

他には、毎日30分以上使い続ける必要があるので、どうしてもめんどくささがでてきてしまうと思います。

もう一つの牽引タイプの増大器具のデメリットは装着する時間が長いと言うことです。休憩も入れると5時間くらい装着し続ける必要があります。

睡眠中に装着していると寝返りをしたときなどに外れてしまったりすることがあるので、睡眠中に付けるのは辞めておきましょう。

つまり、起きているときはほぼすべて増大器具を装着しておくことが大切ということです。他にも安い器具を使うとデメリットがあります。

あまりにも安い増大器具を使うと、ただ痛いだけで効果を発揮していないということもあるので注意しましょう!

メンズサプリのメリットとデメリット

メンズサプリの一番のメリットはなんといってもその使い易さです。飲み続けるだけでいいので、誰でも簡単に使うことができますし、長く使い続けることがしやすい方法です。

メンズサプリに入っている成分には男をパワーアップさせる成分がたくさん入っています。

科学的に解明されている男の自信のメカニズムから、本当に男の自信をたぎらせる成分をたくさん配合されているのです。

用法用量を守って飲むようにすれば薬のような副作用のリスクは全くなく、安心安全に男の自信を目指すことができます。

商品によっては、GMP工場で製造されているので、原材料や製造工程においても安全性が高いといえるでしょう。